健康管理業務をアウトソーシングすることの魅力

事業主の方たちにとって、従業員の健康管理業務はかなりの負担があります。健診や人間ドッグの受診の案内に始まり、予約の代行や健診の結果を確認し管理する、支払いをします。時期によっては重なる時期があり、事業主さんや担当者にとってはとても忙しい業務だと思います。その健康管理業務を最近良く聞くアウトソーシングにすることで、負担を減らすことができるのです。そのサービスは多々あり、健康診断や人間ドッグの問診票の入力や健康診断の結果をデータ化することや、従業員でデータをエクセルファイルで管理する、そして今までの検診結果も同じ形式にして保管することも依頼ができることもあります。自分でやろうとするとなかなかできないことや業務に追われることがなくなり、とても大きなメリットとなります。

どんなことが健康管理業務のアウトソーシングでできるのか

ここでは、一般的な例をご紹介します。健康管理業務とは、健康診断を行いその結果の報告をしたり管理したりすることの他に義務化されたストレスチェックの実施などもあります。健康診断と一言で言っても、健康診断の案内、予約、問い合わせ、健診後の結果の取得、結果の管理、報告、そして、健康診断依頼先への支払いも発生します。大きな企業になるほど、人数も多くその業務の負担は増していきます。ストレスチェックも同じで、実施することの周知徹底、実施、結果管理と業務を細かく挙げるとキリがありません。その負担の大きな業務をすべてアウトソーシングでお願いすることができるのです。健診はどうしても集中する時期があるため、その時期には特に負担を軽くすることができ、他の業務を行う時間が作ることが可能となります。

健康管理業務をアウトソ-シングすることのメリット

健康管理業務のアウトソーシング請負会社のほとんどが、いろいろなプランを用意しています。そのためそれぞれの会社で問題となっている必要なサービスだけを、依頼することができます。また情報集約管理も容易になることにより、いままで手が回らなかった従業員それぞれへの対策もできるようになります。他にも、健診の受診率が上がった企業、データとして見えるようになるためメタボ率の減少が見られた企業もありました。また、アウトソーシングの導入後は自社で何もかも行っていた時よりも費用が節約できるというメリットもあります。業務にあたる従業員の負担軽減および業務効率化にもつながっていくことから、アウトソーシングにはメリットばかりといえます。実際に導入している企業も急増しているため、まだ導入をしていない企業は導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

就業上の措置が必要と判断される場合、意見書を作成して面談記録とセットで管理することができます。 企業や健康保険組合における健診・健康管理体制の強化及び業務効率化・IT化を支援するサービスです。 伊藤忠商事の健康経営。 疲労蓄積度チェック・ストレスチェックも標準装備しています。 健診予約は専用Webサイトから24時間受付可能です! 健康相談、産業医・専門医紹介も承ります。 健康管理業務はアウトソーシングでしっかり管理!!