健康管理業務をアウトソーシングするメリット

社員の健康管理業務や健康診断などは企業であれば避けて通れない問題であると思います。ですが、多くの企業では健康管理や健康診断などのノウハウなどがあまりなく、対応しきれていないのではないでしょうか。アウトソーシングする事で高い専門性を確保する事が可能になります。自社にないような専門的な能力の活用ができ、中途採用や人事異動、研修教育などが不要になります。自社内だけでは凝り固まってしまう事でも、別の角度から生み出された特殊技術を導入する事もできます。一部の健康管理業務などをアウトソーシングする事で余分なコスト分を低減する事も可能になります。コスト低減する事で他の業務へ費用や人材を注力する事もできます。その業務に関わる人材採用や教育コスト、福利厚生や退職金などの費用が不要となり、必要費用も一時的な契約期間分のみで清みます。

健康管理業務のアウトソーシング先を選ぶときのポイント

健康管理業務のアウトソーシング先には様々な企業があり、選ぶ際に悩んでしまう方も少なくないように思います。そんな時は選ぶ時のポイントを参考に選んでみてください。一つ目はカスタマイズの幅の広い企業です。各企業により健康管理業務での悩みや要望なども様々で異なるかと思います。そんな中、画一的なサービスだと要望とマッチせずに無駄が発生してしまう原因となります。その為、選ぶ際はカスタマイズの幅が広いアウトソーシング先を選ぶのがオススメです。二つ目は最適な医療機関を選定してくれる企業です。健康管理業務のアウトソーシング企業は医療機関との繋がりが強いところが多いように思います。より適切なサービスを受ける為に、企業側の視点に立ち医療機関を選定してくれたり、医療機関を自由に選ばせてくれるアウトソーシング先がオススメです。

健康管理業務をアウトソーシングする魅力とは

健康管理業務は膨大な時間や手間がかかる業務でもあります。その業務をアウトソーシングする事ができれば、社員の健康づくりのお手伝いや健康診断、健康管理室などの開設や産業医の設定だけでなくストレスチェック対策業務などまでもサポートしてくれます。社員の健康づくり対策として、労働延長時間に応じて健康指導などの対応をしたり、健康体操の実施やメンタルヘルスの対策などのプログラムを提案してもらえます。健康管理室などがあれば、社員の個々の健康管理業務から健康診断後のフォローまでもきめ細かく把握してもらえます。メンタルヘルス対策として、ストレスチェック制度に対応したサービスなども提供してもらえます。このサービスはメンタルヘルス対策の強化や充実を目的としており、事前準備からはじまり検査の実施や事後のフォローまでしてもらえます。